teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/129 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 無事「ウクレレええど(AID)東日本支援」が大成功のうちに終わりました。

 投稿者:honyala  投稿日:2011年 9月16日(金)22時31分51秒
  通報
   4/3夜、玉藻公園での「夜桜会」に集まったのが実質の実行委員会準備会となり、以後タイトな日程の中で、6/30、7/22、8/10、8/29と僅か4回の実行委員会で、昨日の本番を迎えることができました。
実行委員の皆さん、出演者の人たち、そして11時から19時過ぎまで、ずっと、或いは入れ替わり立ち代り「参加」された沢山の人達に心より敬意を表したいと思います。

 スタッフも含めた総出演者数は実質で120人を超え、さらに丸亀町商店街振興組合のうじっぺさんをして「前代未聞」と言わせた参加者数、そして、DAMIYAやフェリーぺさん、kyasさん等のプロ奏者が手弁当で参加してくださり、ウクレレという楽器の可能性をさらに広げるハイレベルな演奏を指し示すと同時に、四国四県は勿論、東は大阪、西は広島まで遠くから参加されたウクレレミュージシャンの、これもレベルの高い、そして何よりも楽しいパフォーマンスでウクレレと言う小さな楽器の楽しさを多くの人達に認知してもらえたこと。いずれをとってもこれは今までになかった、少なくとも中四国一の取り組みとなったのは間違いないと思います。

 成功の要因として第一に、「何かしら自分も役に立ちたい。出来ることをしたい」「気軽に参加できるイベントを通じて貢献出来るなら」と云った多くの人たちの気持ちがまだまだ強いものであった、と言う事。
 第二に、やっぱりウクレレで「表現したい、貢献したい」という我々の想いが強くあった事。結果としてその二つが合致して、楽しそうで、演奏者も、参加者も「気軽に意思表示出来、貢献出来そうな」イベントとして成立したに違いありません。そういう意味で言えば、出演者や観客といったものではなく、あのドーム下に集まったすべての人が支援コンサートの「参加者」であったのだと思います。

 当日は、7時から、テント設営に始まる会場設営は予定通り10時には完了し、リハなどを経て11時スタート。舞台進行や、タイムキーパーなどの人員配置など全くしないまま(と言うか、抜かっていただけ)それでも、きっちりとオンタイムで進行し、終了出来たこと。終了後すべての会場撤収が1時間で予定通り完了したこと。撤収後の会場もゴミなど無く、きれいであった事、なども各実行委員、出演者(チーム)が夫々自覚的に行動できた賜物であったと思います。

 内容的にもウクレレソロ、唄もの、ハワイアンと盛り沢山で、参加された人達も大変喜んでいただけました。中でも「ウクレレって凄いね」という感想を頂いたのが嬉しく思いました。アンケートを準備できればよかったなと反省。強力な講師陣とサポーターで開いたウクレレワークショップも盛況で大変喜んでいただけたようですし、事実その後の舞台での発表も楽しい演奏でした。フリーマーケットの総売上げ高が幾らか未確認ですが、これも常時ブースの前は人だかりで「ええど」を盛り上げる大きな要素のひとつとなっていたのは事実でしょう。
 閉会の挨拶で、事務局長のウクレレキイチさんは「最後の一人が仮設住宅を出るまで続けたい」と言われました。すでにその空気は打上でも満々で既成の事実となっているようです。その打上も「葡萄塾」の高橋塾長をはじめ、スタッフやユキちゃんの母上まで巻き込んでのBBQ準備など、おかげで時間通りスタートで楽しく交流できて感謝しています、、、

 単なる言いだしっぺと言うだけで、このように素晴らしい取組みに、実行委員長というかたちで参加させていただき実行委員会の仲間に心より感謝申し上げます。その他多くの関係者のみなさんに、そして丸亀町商店街振興組合にスペシャルサンクスを&ビッグマハロを!
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/129 《前のページ | 次のページ》
/129