teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


7月末には・・・

 投稿者:霜月テンマ  投稿日:2012年 7月 8日(日)10時57分47秒
  そのヤマトのDVDがでるとか聞いたからね。まあ、結局北陸では今回もだめでしたね・・・。残念だよ。やっぱり東京とか関東にみな集中するわけだな。  
 

あと一週間

 投稿者:さたびー@管理人  投稿日:2012年 6月25日(月)23時53分56秒
   ヤマト2199第二章の上映が迫ってきました……が、私は30~1日は東北地方へ行ってるので、初日には見に行けません。
 見に行く方、掲示板でのネタバレは御勘弁を(笑)。

モーグリさん
>オトナ帝国の逆襲

 ストーリーだけ見たらコナンよりもずっとハードな映画ですね、コレ。クレしんはコレだから侮れない……

>どんな作品になるんだろう?

 スパロボじゃないですか(笑)。
 

あくまでジョークネタですが

 投稿者:モーグリ  投稿日:2012年 5月13日(日)19時53分51秒
編集済
  先日、レンタルでクレヨンしんちゃんの「オトナ帝国の逆襲」を借りてきました。以前テレビでも見ましたがいろいろな意味で衝撃作ですね。「「クレヨンしんちゃん」でこれやっていいんだ。許されるんだ」ってところが。

そこで、ちょっと冗談半分で考えたんですが「オトナ帝国」の昭和50年代版(次世代版)って可能なんでしょうか?
もちろん昭和50年代当時話題だった「ヤマト」で始まるアニメブーム、その後のリアルロボットブームの作品群を出すんです。「ヤマト」「銀河鉄道999」「ルパン三世」「ガンダム」「マクロス」とかのアニメをふんだんに取り込んで。

でも、どんな作品になるんだろう?(笑)
 

本当なんですね。

 投稿者:霜月天馬  投稿日:2012年 5月 6日(日)02時00分48秒
  この情報が確実ならば地方の映画館でも上演してくれるかな。2199みたいけど北陸では上映して無いからなぁ。DVDを待つしか無いかな。まあー、楽しみにして待つ事にしましょう。  

追記

 投稿者:さたびー@管理人  投稿日:2012年 5月 5日(土)23時48分1秒
  宇宙戦艦ヤマト復活篇第二部、製作正式決定だそうです!
 

いらっしゃいませ

 投稿者:さたびー@管理人  投稿日:2012年 4月26日(木)22時26分8秒
  私も2199見てきました。堪能しました。
どんな辛いことがあってもこれのおかげで生きていけます(笑)。

りゅうおおさん
はじめまして。気合の入った感想をありがとうございます。

>特に「2199」が始動した今、「復活編」三部作が完結する可能性はほぼ無くなったように思いますので

 いえ、ディレクターズカット版を見るとお分かりになるかと思いますが、小林監督代行はじめ、スタッフは完結まで作る気満々だと思いますよ。
 非公式ノベライズはあくまでも二次創作ですので、私としては続きをいつまでも楽しみにしている予定です。
 そんな感じでよければ、今後ともよろしくお願いします。


モーグリさん
>ガミラス語
ちゃんと言語学者監修の元に作ったオリジナル言語らしいですね。
ラジオヤマトを聴くと、0~10までの数字については知ることができます。

>重巡(重巡洋艦)
シュルツ艦が超弩級戦艦にあたり、重巡は弩級戦艦に分類される艦で、沖田艦のカウンターパートという位置づけらしいです。模型雑誌見るとはっきりしますよ。


ダゴンさん
>アホの子
 実際はどうなのかわかりません。原作ではヒロインたちの個性はあまり描写されませんし。一応不自然でない程度に個性を膨らませたのが、お嬢の話のクラスメイトたちです。


 

初めて書き込みをいたします。

 投稿者:りゅうおお  投稿日:2012年 4月23日(月)01時15分26秒
  初めましてこんばんは、夜分失礼いたします。
りゅうおおという者です。
「宇宙戦艦ヤマト 2199」に、永らく忘れていた自分の船好きの原点である「ヤマト」という艦への思い入れを刺激され、色々と検索しているうちにここへ辿り着きました。

「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」非公式ノベライズ版、拝見させていただきました。
何と言うか…あのつまんない(ファンの方ごめんなさい)お話をここまで面白い物語に仕立て上げた管理人様の手腕に敬服いたしました。
元の作品において不満だった部分が全て良い方向に昇華されており、興奮と感動を覚えつつ一気に最終話まで読んでしまいました。

生き抜くことの大切さを説きながら、自己犠牲の精神も否定せず、自らの選択として死にゆく者たちの気持ちをも汲む…。
大人は自らももがき苦しみながら若者を導き、若者はそんな大人に反発しながらも共に力を合わせ、成長していく。
それなりの地位に就き、それぞれの立場で頑張る旧ヤマト乗組員。
古代進の無茶苦茶ぶりを批判し、肯定もしつつ、雌伏の時を経て指揮官として逞しく成長した姿と家族を想う夫=父としての姿を両立させる(古代進というキャラクターにここまで魅力を感じたのは、正直初めてです)。
それぞれの故郷たる星の為に各々の立場で戦う政治家と軍人達。
作者様のヤマトという作品とキャラクターへの思いが読んでいて物凄く伝わってきました。

もう一方の主役たる“船”がきちんと描写されているのも一介の船好きとして嬉しかったです。
「復活編」で、まるで「ヤマト」を目立たせる為だけに登場してきたかのように成す術もなく沈められていく地球防衛軍の艦艇の姿が物凄く悲しかったので…。
主役艦であり、究極超兵器である「ヤマト」を活躍させながら、他の艦艇の活躍を描くことも出来るのだなあ…と感心しました。

特にBH-199海戦やアマール防衛線での対SUS艦隊に向けての拡散波動砲斉射シーンには震えましたよ!
ああ、これこそが艦隊戦であり、これこそが地球防衛軍の基本戦術だよなあ…と。
それから、ヤマトが移民船団後方から進入し、艦隊の先頭に立つ場面には感動しました!
あの世界の人々にとって、ヤマトという艦はそういう存在なのですよね。

「宇宙戦艦ヤマト Private Edition」も拝見しましたが、こちらも非常に面白かったです。
恐らくゲーム版をベースにしておられるのだとお見受けいたしますが…元の作品から大胆に改変しておられて、読んでいてワクワクいたします。
個人的には、僕が大好きな架空戦記作家(現状は”だった”と行った方が正しいような有様ですが…)の匂いが感じられたことも嬉しい要素でした(笑)。

どちらの作品も続きが楽しみです。
特に「2199」が始動した今、「復活編」三部作が完結する可能性はほぼ無くなったように思いますので、是非さたびー様の手で地球の人々が故郷を取り戻すまでの戦いを描いていただきたいな、と思う次第です。
…とは言え、趣味は楽しんでやるのが一番ですし、作者様がその時に書きたいものを書くのが一番だということも承知していますので、何が何でもとは申しません。
でも、もし気が向いたら…よろしくお願いします!

勢いで取り留めの無い文章を長々と書き殴ってしまってすいません(汗)。
今回はこの辺りで失礼いたします
お仕事と趣味の両立は何かと大変かと思いますが、くれぐれもお体にはお気を付けくださいね。
 

久しぶりに書き込みます

 投稿者:モーグリ  投稿日:2012年 4月22日(日)20時30分37秒
編集済
  先週、映画館で先行上映している「宇宙戦艦ヤマト2199」を見てきました。

冒頭の冥王星沖会戦(本作では「メ号作戦」と言ってます)は大規模にCGを使ったものに変わってました。宇宙空間の艦隊戦はCGだとすごいです。
旧作ではガミラス人は日本語をしゃべるんですが、本作では「ガミラス語」という日本語ではない言語(冥王星基地でシュルツとガンツがしゃべっている)を使用しているという設定に変更されており、会話も字幕が出てました。

それから、ガミラス軍のエンブレム(軍艦などにペイントされているマーク)も新規に登場してました。ナチスのハーケンクロイツとルーン文字を合わせたような黒いマークでした。

<2012.4.26補足>
前回の書き込みを訂正します。
ガミラス軍のエンブレムは旧作でもありました。すみません。
本作では地球人側がガミラス軍を「ガ軍」と省略して呼んでました。

あとガミラス軍の軍艦には細かなランク付けがなされており、新たに「重巡(重巡洋艦)」が登場してます。これが従来の巡洋艦とどう違うのかは劇中ではよく分かりません。
#ちなみに史実では重巡と軽巡の差は主砲口径で、一般人がよく間違える排水量ではないです。そのため史実では「排水量が重巡並みの軽巡」があったりします。
 

下記のお返事

 投稿者:ダゴン  投稿日:2012年 4月22日(日)12時37分46秒
  青野さんは声優として好きだったので、惜しい人が亡くなったと思います(川上 とも子さんや郷里 大輔さんもですが)。
それはそうとして……
サイドストーリー、特に彩乃に対する見解が面白かったですね(やはりエク女に珍しい「アホの子」なのでしょうか??)
 

まぁ無理はせず

 投稿者:さたびー@管理人  投稿日:2012年 4月11日(水)22時58分42秒
  ダゴンさん
>迷惑にならない程度でマイペースを貫いていけばいいと思いますよ。

ありがとうございます。最近マイペース過ぎて死亡説が流れるレベルですが。


ところで、ヤマトの真田技師長や銀英伝のムライ参謀長役で知られる声優の
青野武さんが亡くなられたそうです。
故人の御冥福をお祈りします。

 

下記について

 投稿者:ダゴン  投稿日:2012年 4月10日(火)13時16分2秒
  既にエイプリルフールは過ぎましたが、あまり深く考えることはありません。
迷惑にならない程度でマイペースを貫いていけばいいと思いますよ。
 

四月馬鹿

 投稿者:さたびー@管理人  投稿日:2012年 4月 1日(日)19時20分27秒
  うちでは特に何もしたことが無いですが、結構このためにネタをためてるHPや
ブログは多いですよね。
うちでも何かやったほうがいいんだろか……
 

本日の更新

 投稿者:さたびー@管理人  投稿日:2012年 3月 4日(日)18時23分13秒
  ダゴンさんからいただいた「悪夢でも絶望でもない話」の外伝作品
「エク女の愉快な日常」
を掲載しました。
こうして他の方が書かれた作品を見ても、しのぶお嬢様はツンデレ可愛いです。
 

とりあえず

 投稿者:さたびー@管理人  投稿日:2012年 1月15日(日)15時46分7秒
  ダゴンさん
どっちかと言うと、まずメールで可否を問う内容だと思いますが……
まずは、簡単な設定とあらすじを送っていただけますでしょうか。
それを読んだ上で、判断したいと思います。
あまりに元とかけ離れた世界観になっている場合は、もしかしたら掲載をお断りさせていただく場合もありますので、ご了承ください。


 

メールについての前に・・・(出来れば必読お願いします)

 投稿者:ダゴン  投稿日:2012年 1月13日(金)11時46分8秒
  本来はメールで済ませなきゃいけないのですが、今のメールでは伝わるか不安だったので敢えてここに書き込みたいと思います・・・
実を言いますと、今展開されている「悪夢でも絶望でもない話」の短編を考えているのですが・・・
これをやっていいのか、まずは伺いたいと思います(出来たらお返事を頂けたらありがたいです。話はそれから)
 

レス

 投稿者:さたびー@管理人  投稿日:2012年 1月13日(金)00時10分2秒
  現在、ノベマス動画の新作シナリオを作成中です。


霜月さん
>地球奪還に向けて新たな戦いが始まるか

問題は原作の続きが作成されるかどうかなんですよねぇ……


ダゴンさん
>一抹の不安は残るのですが

流石にそういう展開は今後は考えてないです。

>メール
あ、きておりました。すみません。
勝沼お嬢の話は続きを書きたいとは思っています。いつになるのかは不明ですが……
 

お嬢様の物語

 投稿者:ダゴン  投稿日:2012年 1月10日(火)10時39分43秒
  かつての仇敵と手を組み、眼前の敵を討つ・・・古代中国や戦国の世のはよくあったそうですが(三国志なんて特に)、しのぶがそれをやるとより一層リアルさを感じます。

とはいえ、一抹の不安は残るのですが(磯部の息子が復讐のために殺し屋雇ってけしかけるとか・・・あの悪党ぶりですから、国際テロネットワークとはいかずとも右翼や過激派だったらつるんでいてもおかしくない気がします)

P,S
最近メールを送ったのですが、来てませんか???
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:霜月天馬  投稿日:2012年 1月 8日(日)05時40分16秒
  あけましておめでとうございます。こちらは正月3が日は死んでましたね。で、ヤマト復活編を一通り読ませてもらいました。なるほど。確かに原作では無意味に殺していたキャラクターが生きていて個人的にはうれしいですね。そして、地球奪還に向けて新たな戦いが始まるか・・・。良いエンディングで楽しませてもらいました。

こちらも新年早々に東京行きの仕事をして現在はローカル線に配属ですね。まあ、読む時間も出来ると思いますが、お互いに頑張りましょう。
お嬢様の12月を読ませてもらいました。改めて読むとなかなかですねまあ、磯部の親父は相変わらずの悪党ぶりですが、勝沼本家の悪党には叶わなかったわけだな・・・。次の月のエピソードが楽しみになってきましたね。

http://www.pixiv.net/member.php?id=3293663

 

今年最初の更新

 投稿者:さたびー@管理人  投稿日:2012年 1月 7日(土)22時22分0秒
  しのぶお嬢様の話、オジロワシ、つば夢を更新。
MONDOさんからいただいた年賀イラストを掲載しました。

ダゴンさん
今年もよろしくお願いします。

>まどかマギカやけいおんはもう見ましたか??

 けいおんはちょっと見て、あまり自分には合わないなぁ、と感じました。
 まどマギは面白いですね。二次創作作りにくいですけど。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:ダゴン  投稿日:2012年 1月 6日(金)14時56分5秒
  返事が遅れましたが(松の内には間に合いましたが)、あけましておめでとうございます(ついでにしのぶと紫苑にも)
物語は今年はどう進展していくのやら・・・少し期待しています。

P,S
まどかマギカやけいおんはもう見ましたか??
 

レンタル掲示板
/13