teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


本年もよろしく願います

 投稿者:霜月天馬  投稿日:2011年 1月 2日(日)23時31分51秒
  自分も元日に実写版ヤマトを見てきましたよ。確かに原作を知っている人間から見たら驚きの連続でしたね。まあ、それはそれで有りと思い見てきましたがね・・・。

こちらはまったく進んでいない状況なんで人のことは言えないですね・・・。
ではでは。
 
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:さたびー@管理人  投稿日:2011年 1月 1日(土)02時42分13秒
  2011年になりました。今年もよろしくお願いいたします。
更新サボりっぱなしの一年でしたが、今年はもう少しペースを上げて行きたいです。
去年も同じ事を言った気がしますが(自爆)。
 

私も見てきました

 投稿者:さたびー@管理人  投稿日:2010年12月 6日(月)23時33分33秒
  >モーグリさん

 会社帰りにレイトショーで見てきました。序盤の展開があっさりし過ぎかな? という気はしましたが、確かに良いできでしたね。
 俳優陣も素晴らしい演技でした。特に柳葉敏郎の真田技師長は完璧。どのシーンを見ても間違いなく真田さん。高嶋礼子も性別違うはずなのにちゃんと佐渡先生でした。
 そしてSFX、凄かったですねー。是非実写版のヤマトや艦載機群の立体化をして欲しいものです。
 

「ヤマト実写版」見ました

 投稿者:モーグリ  投稿日:2010年12月 3日(金)20時11分32秒
  おとといの映画1000円デーの日に「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を見てきました。近所のシネコンでです。
アニメの実写化ということで心配したのですが、予想以上にいい出来でした。

その内容ですが、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」と同じ感じで完全な作り直しです。初めのうちは原作(アニメ版)を踏襲してますが、途中からどんどん変わっていきます。ガミラスの正体や展開がどんどん原作と別物になっていきます。これは原作を知っている人ならなおさら驚くはず。
ただしこれは原作至上主義の人の間では賛否分かれるかも。

ネタバレにならない程度で書きますが
・原作では冒頭の戦闘で行方不明になり、その後イスカンダルでスターシャに助けられた古代守は、実写版でははっきり「戦死」しています。
・原作では続編の「さらば」で登場した斎藤隊長率いる空間騎兵隊が登場します。陸戦の描写もあります。
 

おひさー

 投稿者:さたびー@管理人  投稿日:2010年11月13日(土)00時09分46秒
  みけけさん
お久しぶりです。

>西崎義典氏が亡くなられて復活編以降の作品展開をどうするのか気になります。

 西崎氏の手腕で持ってましたからねぇ、ヤマトは……復活篇第二部やテレビ新シリーズと言う話もあったそうですが、何とか残ったスタッフが完成させてくれることを願うばかりです。
 

(;´Д`)

 投稿者:みけけ  投稿日:2010年11月11日(木)16時08分3秒
  ココに書き込むのはほんと久しぶり・・・・。
西崎義典氏が亡くなられて復活編以降の作品展開をどうするのか気になります。

http://suginoki.shin-gen.jp/

 

訃報

 投稿者:さたびー@管理人  投稿日:2010年11月 8日(月)00時03分44秒
  「宇宙戦艦ヤマト」のプロデューサー、西崎義典氏が亡くなられたそうです。

転落死:宇宙戦艦ヤマトのプロデューサー西崎さんが船から
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101108k0000m040062000c.html

 様々に毀誉褒貶はある方でしたが、宇宙戦艦ヤマトという作品がここまで育ってきたのは、間違いなく西崎氏の功績でした。
 素晴らしい作品を世に送り出し、私たちを楽しませてくれた偉大なクリエーターに対し、心よりの感謝と敬意を捧げ、冥福をお祈り申し上げます。

 西崎さん、今までお疲れ様でした。本当にありがとうございました。
 

もっともその復活編も

 投稿者:霜月天馬  投稿日:2010年10月17日(日)20時43分45秒
  結局主人公は古代進なんだよね。まあ、成長したとはいえ。主人公であることは変わり無いですがね。まあ、この先どうなるのかまったく未知ですね。実写版が今年の冬に公開されるらしいですがはてさてどうなるかですな。

まあ、世界観自体は派生する物語はできる可能性はあるんですが厳しいとおもいますね。
 

レスありがとうございます

 投稿者:ベロウ  投稿日:2010年10月17日(日)16時04分30秒
  さたびーさん他
レスどうもありがとうございます。

ヤマトには発展性がないと意見には賛成です。
確かにヤマトで外伝などのような派生作品を作るのは難しそうですね。

さたびーさんの復活篇のノベライズの続きに期待してます。
 

そうですね

 投稿者:モーグリ  投稿日:2010年10月 9日(土)13時22分20秒
  さたびーさんへ
サイトの更新ありがとうございます。
今年の夏は9月中旬まで猛暑だったので大変だったと思います。私も疲れました。

ベロウさんへ
私はベロウさんと同世代(やや年上)なのでよく分からないですが・・・
私もさたびーさんの書かれたことが主な原因だと思います。

結局「ヤマト」は「主人公=古代進」以外に作りようがないんですよ。
例えば、ガンダムでは続編の「Zガンダム」は「前作から7年後」という設定で、主人公もカミーユに代わってます。アムロ、シャア(クワトロ)、ブライトといった前作のキャラも登場しますが、全員7年間できちんと年を重ねたという描写になってます。
「ヤマト」ではそれは出来ないんですよね。

数年前、アニメのHPの掲示板にリアルタイムでヤマトファンだった60年代生まれのアニメファンと会ったことがあるので、その人にメールで聞いてみますね。
 

そうですか。

 投稿者:霜月天馬  投稿日:2010年10月 5日(火)22時10分16秒
  >さたびーさん
わかりました。到着が確認できたのでりょうかいです。

>ベロウさん
>一時期にアレだけブームになった「ヤマト」人気がその後衰退した理由。
さたびー氏の言ったとおりだとおもいます。ですが、「ヤマト」は後のコミケの起爆剤となった作品である事は事実ですね。まあ、著作権やら作者の権利で派生作品が作る事ができなかったのがありますね。その後「機動戦士ガンダム」が放送されたときも始めはボロボロでしたが、後に大爆発しましたね。まあ、今でも人気の有る作品というのにどれも共通と言うわけではないですが、最初人気がぜんぜん無い作品がある日突然大ブレイクするというのはありますね。まあ、「ヤマト」は海外でも放送されていたそうですよ。まあ、後になればなるほどご都合主義丸出しのネタ満載でしたしね。しかし、この作品がなければ日本のオタクはかなり違ったモノになった事は事実ですね。
 

レス

 投稿者:さたびー@管理人  投稿日:2010年10月 4日(月)23時24分41秒
  >霜月さん
ありがとうございます。ちゃんと届きました。

>ベロウさん
>一時期あれだけブームになった「ヤマト」人気が、その後衰退してしまったのはいったいナゼなんでしょうか?

 私もしかとはわからないのですが、考えられる理由としては、物語の構造的に発展性がないことかなと思います。
 例えば、ガンダムにしてもマクロスにしても、後継機・後継艦が続々と登場し、また同時並行的に幾つもの物語が動くことを許容できるように世界観が構築できています。
 ガンダムで言えば、1stテレビ本編のWB隊の物語と平行して、08小隊やポケ戦の話があってもおかしくないですよね?
 しかし、ヤマトにはそう言うのがありません。ヤマトという存在が圧倒的過ぎて、本編に拮抗しうる外伝と言うのが存在し得ないんですね。

 他にはあれだけ長大な物語を、2199~2203年までの僅か五年間に詰め込もうとしたことによる、設定の破綻や目に余るご都合主義の横行と言うのもあったでしょう。
 でも、最大の理由は上にあげた「世界観としての発展性のなさ」だと私は思っています。
 

普段はROMしていますが

 投稿者:ベロウ  投稿日:2010年10月 3日(日)15時56分26秒
  ここ最近、普段はROMしているベロウです。
「ヤマト復活篇」再開しましたね。早速拝見しました。


ところで、以前から疑問に思っているんですが、一時期あれだけブームになった「ヤマト」
人気が、その後衰退してしまったのはいったいナゼなんでしょうか?
「ガンダム」や「マクロス」も息が長いシリーズですが現在でも若いファンがちゃんと入ってきています。
自分は1980年生まれなので「ヤマト」公開時の状況が良くわからないです。

よく聞くのが、「「さらば」で一度完結させたのにその直後に「ヤマト2」を作って、しかも
「さらば」と展開を変えて、さらに前の作品をなかったことにしてシリーズを続行させた」
というエピソードですが、それ以外にも理由があるのでしょうか?
 

了解。

 投稿者:霜月天馬  投稿日:2010年10月 3日(日)00時54分14秒
  送りなおしますよ。  

そろそろ再起動

 投稿者:さたびー@管理人  投稿日:2010年10月 1日(金)22時22分32秒
   とんでもない猛暑でいろいろ気力がなくなってましたが、そろそろ気を取り直して復活したいと思います。とりあえず「ヤマト復活篇」後編を再開。

>霜月さん
なかなかすぐに復活とはいかないようで……
ところで、「つば夢」の23~24話が行方不明になっているのですが、送りなおしていただけませんか?
 

ううう~なんてこった

 投稿者:霜月天馬  投稿日:2010年 8月16日(月)17時24分29秒
  仕事に復帰したのはいいが、その直後に車が故障するとはねえ。
変速機とダイナモが逝かれた上にエンジン始動不可じゃあどうにもならないなあ。
無念なり・・・
 

意外とまだ、てこずりそうだ

 投稿者:霜月天馬  投稿日:2010年 7月31日(土)01時00分8秒
  意外と体力の回復が遅れている状態ですね。

>北陸の金沢均衡に「鶴来」という地名がある。
ええ。確かにありますよ。白山神社系列の総本山が鶴来にありますよ。まあ、今は鶴来町は地図では白山市に名称変更されましたがね。白山のふもとの小さい町ですがのどかですよ。と、地元の人間が言います。

>きっちりリハビリが終わると良いですね。
そうしたかったのですが、意外とてこずって居る状況ですね。まあ、やるしかないですがね。
 

お買い上げありがとうございます

 投稿者:さたびー@管理人  投稿日:2010年 7月29日(木)22時36分17秒
  仕事がちょっと忙しくなってきました。今はスマートフォンで現場の行き帰りに小説を書いています。

>モーグリさん
>北陸の金沢の近郊に「鶴来」という地名が存在するそうです
ほう、そうなんですか……隆山温泉は和倉温泉、鶴来屋は加賀屋がモデルというのが定説ですが、地名の元ネタがあったとは知りませんでした。

>ところでこの展開は笑うべきなんですか?同情するべきなんですか?
難しいことを考えずに笑っていただければ(笑)。


>霜月さん
>あとは体の方も回復してきたので体力増強ですね
そろそろ退院でしょうか? きっちりリハビリが終わるといいですね。
 

「鶴来屋」の元ネタ?

 投稿者:モーグリ  投稿日:2010年 7月28日(水)19時06分33秒
  ところで「12人目の彼女」でちょっと面白いことが分かりました。ひろのたちが行った隆山温泉(架空)に鶴来屋という名前が出ていましたが(元ネタは「痕」)、北陸の金沢の近郊に「鶴来」という地名が存在するそうです。
鶴来は観光地ではないのですが、金沢が舞台の松本清張の「ゼロの焦点」という小説で殺人現場の一つで登場しています。それが「鶴来屋」の元ネタなんでしょうか?
#最近の若い人に「松本清張」って言って分かります?
 

買いましたよ

 投稿者:モーグリ  投稿日:2010年 7月25日(日)22時12分44秒
  同人誌を買いました。確かに原作を知らなくても読めますね。
ところでこの展開は笑うべきなんですか?同情するべきなんですか?自分でもどうにもこうにも矛盾した感情が。

>早めに治療すれば最近は随分綺麗に治るみたいですね。
現在治療中です。歯医者にすぐかかったのでかなり上手に治るそうです。
 

レンタル掲示板
/13