teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:4360/6511 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

東日本大震災の因縁話

 投稿者:太田 守人  投稿日:2012年 5月 5日(土)20時58分17秒
  通報
  トータス砲さん。もし,この板にそぐわないと思われたら削除ください。私は,非常に不思議な因縁話だと思っていますので。
海上自衛隊が出来たのは,一人のアメリカ海軍軍人のお陰です。アーレイ・バーク海軍大将と言う人物です。この人がいなければ,海上自衛隊は出来ても1960年代位になったと思います。その意味では,海上自衛隊では大恩人で,アーレイ・バーク海軍大将の名前を知らない海上自衛官はもぐりだとまで言われています。アーレイ・バークは駆逐艦乗りです。駆逐艦乗りは,日米とも猛将が多くいましたが,バークもそうです。アメリカ海軍では,今でも31ノットバークと言われています。しかも,親友が真珠湾で戦死したので,筋金入りの日本人大嫌いでした。太平洋戦争中,「日本人を一人でも多く殺すことなら重要だ。日本人を殺さないことならば,それは重要でない。」と言う命令を,バークが出した位です。その人が,なんで戦後日本海軍の復活と言うような,海上自衛隊の復活に一人で走り回ったかと言うと,戦後,帝国ホテルはGHQの宿舎になっていました。そこに,バークが投宿しました。その時に,毎日,一輪ざしに違う花が活けてある。最初は,ホテルのサービスだと思ったけど,ホテルに聞いてみたら誰も知らない。それで,良く調べてもらったら,単身赴任しているバークのために,掃除婦が身銭を切って毎日一輪ざしに活けて呉れたことを知りました。それで,バークは,この婦人を呼んで,話をしてみたら,無き御主人は駆逐艦の艦長で,ソロモン海域で乗艦と運命を共にしたと言うことが分かったそうです。それで,話を聞いてみると,どうもソロモンで戦った相手が自分が指揮した,駆逐艦隊だったように思えてきた。それで,バークは,この婦人に謝ったそうです。「御主人を殺したのは,私かもしれない。」と。ところがこの婦人は,「提督。提督と夫が戦い,提督が何もしなかったら,今度は提督が戦死していたでしょう。誰も悪いわけではありません。これで,バークは一気に親日家になり,朝鮮戦争が起こるとすぐに,アメリカ上下院と国防総省,ホワイトハウスに,日本海軍の再建を説いて回りました。終戦後,5年くらいですから,誰もが,未だ日本人に対して嫌な感情を持っています。それで,孤立無援で説いて回り,最終的に海上自衛隊を作ることに成功しました。その後,バークは,アメリカ海軍のトップ作戦部長を8年務めます。ケネディが辞めないでくれ。とバークを口説いたのが,これだけ長期間作戦部長を務めた原因だそうです。バークは,P2Vと言う工場から出たばかりの最新鋭哨戒機16機を,海上自衛隊に無償で供与したりしました。アメリカ太平洋艦隊に,P2Vが配備される時,アメリカ海軍の乗員の訓練のため,アメリカ海軍が海上自衛隊に借りに来たそうです。
バークは,1991年に96歳で亡くなりました,遺言は,只一つ,日本から送られた勲一等旭日大綬章を棺桶に入れて欲しいだったそうです。
これからが因縁話です。東日本大震災で,トモダチ作戦で,もっともはやく被災地に着いたのが,原子力空母ロナルド・レーガンです。艦長は,トム・バーク海軍大佐です。アーレイ・バーク大将の孫です。バーク大佐は,ヘリコプターのパイロットですから,空母のことは副長に任せて,自分は救援物資を積んだヘリを操縦して,避難所を飛びまわったそうです。このような自然災害の場合,どこでも食料の取り合いが始まり,ヘリといえども危険で着陸できないそうです。着陸した途端,被災民が銃をぶっ放して,食料を取りに来るので,低空からの空中投下になるそうですが,東北地方は,どの避難所にはヘリが着陸しやすいように,ヘリの着陸パッドのHを書いてある。被災民が荷降ろしを手伝う。終わったら,全員がお礼を言って,見送ってくれる。これには,自然災害で,救援物資を数多く運んだ,バーク大佐も驚いたそうです。東北地方では,一件の略奪も殺し合いもなかった。と軍の機関紙に書いています。しかも,必ず,ここはこれだけで良いから,どこそこの避難所に持って行ってくれと言われたことも,日本だけだったそうです。
トム大佐は,帰ってから,驚きを持って,日本のことを家族に話したそうです。もし。バーク大将が生きていたら「そうだろう。トム。だから,じーちゃんは,嫌日から親日になったのだよ。じーちゃんの気持ちよく分かるだろう。」と言ったように思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:4360/6511 《前のページ | 次のページ》
/6511